<< カングーのシートベルト警告灯 | main | カングー >>
2016.01.23 Saturday

ロータスエリーゼ

0
    ▼ロータスエリーゼがエンジンストールで入庫しました。(エンジンはローバーKシリーズ)
     トラブル発生が年末だったので年越しとなってしまいました。
     点検してみると、フューエルポンプは作動していてインジェクターから噴射されています。
     次にプラグのスパークを点検するとスパークが発生していないので、クランクセンサーを疑ってみました。
     センサーを取外して抵抗値を測定すると問題なし。




    ▼抵抗値だけだと不安なので、エンジンに取り付けてオシロスコープでパルスを点検してみましたが、こちらも問題なし。
     となるとイグニッションコイルか?




    ▼今度はイグニッションコイルを取外して抵抗値点検してみましたが、これも問題なし。
     



    ▼代替え品でテストしたかったので何かないか探したところ、ルノー5の物があったので結線してみたらエンジン始動しました。
     イグニッションコイルが原因でした。




    ▼最近のイグニッションコイルのトラブルというとリークがほとんどなので、これは問題ないはずと思いがちですが、
     代替え品で、早く原因発見できて良かったです。




     
    2019.06.08 Saturday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>
      PR
      リンク
      ギヤボックスHP
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      無料ブログ作成サービス JUGEM